Prijeđi na sadržaj

Kusatsu – najzanimljivije aktivnosti

Otkrijte najbolje što grad nudi po preporuci lokalaca. Pronađite najzanimljivije aktivnosti, mjesta za jesti i saznajte dragocjene preporuke lokalnih stanovnika.

Museum
“琵琶湖を取り巻く自然環境の変遷を、約2億5000万年前まで遡って紹介する博物館。琵琶湖周辺に生息していたゾウなど古生物の模型や骨格標本、原始の考古資料、実際に使われた漁具などを公開。さらに、写真パネルなどを用いて、世界の湖を研究・解説している。また、水族展示室も設けており、琵琶湖に生きる魚や、世界の淡水魚が泳ぐ姿も見ることができる。トンネル水槽で暮らす約300匹の淡水魚は、琵琶湖の沖合・竹生島の周辺に暮らす魚が中心。琵琶湖だけにすむ国内最大級のナマズ、ビワコオオナマズがいるナマズ専用の水槽は、夜行性のナマズを昼間に見学できるように照明調整するなど工夫されている。”
Preporučuju 3 lokalca
Natural Feature
“関西で3店舗目の滋賀県初出店となる「草津湯元 水春」。広々開放感に13種類のお風呂&癒しの設備が充実、一日中楽しめる大規模施設として「滋賀で人気のスーパー銭湯」となっています。また、大型ショッピングモール「イオンモール草津」に併設されているため、買い物帰りにすぐ立ち寄ることができ、館内では13種類のお風呂の他、TV付リクライナーが完備された岩盤処も楽しめまし、月ごとに異なるイベント行事も盛り沢山。充実したお風呂に、岩盤浴、お食事処・癒し処・散髪屋さんもある総合スーパー銭湯「草津湯元 水春」で、癒しの一日を体験してみてください!”
Preporučuje 1 lokalac
Trgovački centar
Point of Interest
“自転車、テニス、プールにゴルフ。多様なスポーツを楽しめる公園。 A big park provides cycling ,tennis, pool, golf course and so on. ”
Preporučuje 1 lokalac
park
“ 大津湖岸なぎさ公園の中で最も広く近江富士・近江大橋を望む広く長い砂浜が続く広場です。 淡水ゆえの爽やかな湖風が心地よく、幅の広い湖岸の遊歩道では散歩やジョギング・サイクリング! 湖岸では小鮎やバス釣りを楽しむ人々!ベンチや飲料水場・公共トイレ・レンタル自転車も数多く! サンシャインビーチでは裸足で砂浜を走り!水とたわむれ、市民の水辺としてなぎさ公園の良さを体感できる広場です! また、砂浜の背後には松並木が続き、白浜青松の風景が広がる場となり、芝も綺麗でゆったり座っておにぎり食べたり、ゴールデンウィーク・シルバーウィークにはテントも張れBBQも楽しめます! 大津湖岸なぎさ公園とは… 水と緑に親しむ施設。浜大津から近江大橋までの湖岸一帯 おまつり広場・打出の森・なぎさのプロムナード 市民プラザ・サンシャインビーチ・晴嵐の道などが整備されている。 大津は湖の都…多くの生命をはぐくむ大切な源・びわ湖の街です。 水と暮らし・水と遊び・水と憩うことで 大津市民は湖都の心を育ててきました。 過去から未来へ!びわ湖とともに歩み豊かな心を育ててゆきます! 大津湖岸なぎさ公園は未来に向けて、新しい歴史をつくる水辺です!”
Preporučuju 2 lokalca
Dvorac
“近江大橋西詰のすぐ南側に突き出た地にあった膳所城は、徳川家康が関ヶ原の合戦の後、築城の名手といわれた藤堂高虎に最初に造らせた城でした。城構えは、湖水を利用して西側に天然の堀を巡らせた典型的な水城で、白亜の天守閣や石垣、白壁の塀・櫓(やぐら)が美しく湖面に浮かぶ姿は、実に素晴らしかったといいます。この美観は、「瀬田(せた)の唐橋(からはし)唐金擬宝珠(からかねぎぼし)、水に映るは膳所の城」と里謡(さとうた)にも謡(うた)われています。  戸田(とだ)・本多(ほんだ)・菅沼(すがぬま)・石川と城主が変わった後、本多6万石代々の居城として長く偉容を誇りましたが、明治維新で廃城になり楼閣(ろうかく)は取り壊されました。城門は重要文化財で、膳所神社や篠津(しのづ)神社に移築されて残っています。  現在、本丸跡は、膳所城跡公園として整備され、春には桜の名所として花見客を多く集めています。”
Preporučuje 1 lokalac
Place of Worship
“当社は古来、建部大社、建部大明神などと称え、延喜式内名神大社に列し、又近江国の一之宮として朝野の崇敬篤く、長い歴史と由緒を持つ全国屈指の古社です。 御祭神、日本武尊は御年僅に16才にて熊襲を誅し、更に東夷を平定され、遂に32才にして伊勢の能褒野において崩御されましたが、父君景行天皇は尊の永逝をいたく歎かれ、御名代として建部を定め、その功名を伝えられました(日本書紀にしるされている)これが即ち建部の起源です。 景行天皇の46年、神勅により御妃 布多遅比売命(ふたじひめのみこと)(父は近江安国造)が、御子稲依別王(いなよりわけのみこ)と共に住まわれていた神崎郡建部の郷(御名代の地)に尊の神霊を奉斎されたのが当社の草創であって、その後天武天皇白鳳4年(675年)、当時近江国府の所在地であった瀬田の地に迀祀し、近江一宮として崇め奉ったのが現在の当大社です。 歴朝の御尊信篤く、武門武将の崇敬枚挙にいとまなく、とくに源頼朝が平家に捕われ、14才にして伊豆に流されるため、京都から関東に下向の折、永暦元年(1160年)3月20日当社に参篭して前途を祈願した事が平治物語に記されています。遂に頼朝は源氏再興の宿願成って、建久元年(1190年)11月右大将として上洛の際、再び社前で祈願成就の神慮に対し、幾多の神宝と神領を寄進して奉賽の誠を尽くされたのです。 爾来当大社が出世開運、除災厄除、商売繁盛、縁結び、医薬醸造の神として広く崇敬される所以です。”
Preporučuje 1 lokalac
Minimarket
Steakhouse
$$$
Preporučuje 1 lokalac
Point of Interest
“日本三名橋の一つで近江八景「瀬田の夕照」で名高い名橋。古くは、瀬田橋・瀬田の長橋とも呼ばれ、日本書紀にも登場する。現在の状態は、織田信長により現在の状況(大橋・小橋)に整備された。 「唐橋を制するものは天下を制す」とまでいわれるほど、京都へ通じる軍事・交通の要衝であることから幾度となく戦乱の舞台となった。現在の橋は昭和54年に架け替えられたが、緩やかな反りや旧橋の擬宝珠など往時の姿をとどめている。 「いそがばまわれ」の語源となったエピソードでも有名。”
Preporučuje 1 lokalac